危篤と聞けば行かないわけにはいかなくて

急にお金が必要になったときは、やはり身内の危篤のときです。私はそのとき東京にて働いており、そして私の実家は、当時から飛行機で行く距離にありました。具体的には、祖母が危篤となったのですが、いかんせん社会人1年目であり、全然貯金がありませんでした。

これが学生でしたら、親からの仕送りでの生活ですから、「お金がなくて…」と正直に言えたのですが、しかし社会人になっていますので、懐事情を親に正直に言うわけにはいきません。

私の職場の給料は安いというわけではなく、相場並だとは思っているのですが、いかんせん社会人1年目ですから、たとえば公務員と言えども、専門職でない限り、けっこうカツカツな生活となります。

とくに一人暮らしの場合、家賃手当もそれほどありませんので、まったくもって贅沢はしていないのに、もう毎月ギリギリで、「これなら学生時代の方が、まだ余裕がある暮らしだった」と思われるぐらいだったのですよね。

ですから、ボーナスで毎月の生活費を補填しているような状態でした。ですからまあ、貯金なんて10万円もなかったのですよ。しかし祖母の危篤ですから、行かないわけにはいきません。

けれども、航空券は当日で購入したら10万円なんて軽くポーンと飛んでしまうような実家までの距離ですから。アコムでクレジットカードを作ってカード払いで購入しましたよ。返せる当てはなかったのですが、まあなんとかなるかなぁと。行かないわけにはいきませんから。

カテゴリー: 健康 パーマリンク